エミレーツ航空・エコノミークラス搭乗レポート|ドバイ経由で成田からスペインへ行ってきた

エミレーツ航空・エコノミークラス搭乗レポート|ドバイ経由で成田からスペインへ行ってきたのアイキャッチ画像

空飛ぶ宮殿と言われている【エミレーツ航空】。アラブ首長国連邦のドバイを拠点としている航空会社であり、ヨーロッパ等にも多く就航しているので利用する機会も多い航空会社ではないでしょうか。

日本では、成田国際空港・羽田国際空港・関西国際空港にてドバイ行きの便が就航しています。

ずっと搭乗してみたいなぁと思っていたのですが、今回成田からドバイ経由でスペインへ渡航する際についにエミレーツ航空に乗れました!

成田(NRT)→ドバイ(DXB)→バルセロナ(BCN)と、ドバイを経由し全てエミレーツ航空利用です。

やはり、同じ航空会社での乗り継ぎはややこしくなく荷物のピックもなくロストバゲッジの心配も少ないので安心ですよね。

念願のエミレーツ航空、エコノミークラスですが搭乗レポートします!

エミレーツ航空に搭乗予定の方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

エミレーツ航空搭乗便

今回ドバイまで搭乗したのは、エミレーツ航空。

成田からドバイまでの飛行時間

成田からドバイまでの飛行時間は11時間15分。また、ドバイからバルセロナまで7時間10分という長時間の飛行時間!

乗り継ぎに4時間あったため、合計なんと23時間!!かなりの長旅ですね。

エミレーツ航空は、48時間前からオンラインチェックインが可能で、今回前日にオンラインチェックインし、座席指定も済ませました。

オンラインチェックインを行うと、預け入れ荷物をオンラインチェックイン済み専用のレーンを利用できるのでスムーズです。

手荷物・預け入れ荷物

今回機内に持ち込める手荷物は重量制だったため、7kgまで、3辺の合計寸法(縦・横・高さ)が、300cm(118インチ)まで可能でした。

受託手荷物はエコノミーSpecial運賃で15kgです。

運賃により異なり、Saver25kg、Flex30kg、Flex Plus35kgまで可能。

就航便によって異なる可能性があるので事前にチェックを!

エミレーツ航空エコノミークラス座席・機内のようす

エミレーツ航空エコノミークラス座席

エミレーツ航空エコノミークラス座席

今回搭乗したのは、1階が全てエコノミークラス、2階がビジネスクラス・ファーストクラスに分かれていました。

筆者は当然エコノミークラスです。

座席指定をオンラインチェックイン時に行い、3列シートの通路側・エリアの一番後ろを選択。

満席にはなっておらず、ところどころ空席がありなんと隣は誰もいない!!(ラッキー!)

エミレーツ航空のエコノミークラス席、肘掛けを上げることができるので寝転がれます…!!

CAさんに声かけして空いている座席に移動をしている人も多くいて、隣りに人がいないだけでかなり快適に過ごせました。

成田空港からドバイまで10時間以上のフライトなのでこれは嬉しい。

座席は、リクライニングにすると座席部分も前に出るタイプなので快適。

エミレーツ航空エコノミークラス座席

身長170cmの筆者ですが、膝が前のシートに付くこともなく広さがあります。

エミレーツ航空エコノミークラス座席

枕・ブランケット・ヘッドフォンが用意されていました。

エミレーツ航空エコノミークラスアメニティ

座席に着き、しばらくするとアメニティポーチが配られました。

中には歯ブラシ・アイマスク・ソックス(使用してしまったため写真なし)・耳栓がエミレーツ航空オリジナルのポーチに入っています!

このポーチ、めちゃくちゃ可愛い!クッション性のある生地で、サイズも15cm×25cmと大きめ、旅行中の各観光地のパンフレットや航空券を入れるのにちょうどいいサイズ!

エミレーツ航空エコノミークラスアメニティ

ポーチは全部で6色あるようですが、筆者はオレンジでした。柄も微妙に違うので全色集めたい〜!

今後、旅行のたびに使っちゃう予定です♪

モニターも大画面!

映画、ドラマ、ドキュメンタリー、アニメ、音楽の他にも飛行状況やニュース、ゲームも楽しめます。

また、モニター横にはUSBポートが設置してあるので、スマホやBluetoothイヤホンの充電も可能です◎

今回、4路線エミレーツ航空を利用しましたが、全ての機内にUSBポートが設置されていました。

その他、2穴のイヤホンジャックがあり、機内にて配布されたイヤホンはこちらで使えます。

また、エコノミークラス機内でも無料Wi-Fiも使えるのですが、接続はされるものの繋がりにくい状態でした。

エミレーツ航空エコノミークラス機内の様子

エミレーツ航空エコノミークラス

消灯されると、飛行機内の天井が星空のよう!

エミレーツ航空エコノミークラス座席

トイレは、木の蓋になっていておしゃれ。

エミレーツ航空エコノミークラス座席

【THE WHITE COMPANY LONDON】のハンド&ボディローションと、オードトワレのアメニティが設置されていました。

【NOIR】シリーズのアンバーマンダリン&サンダルウッドの香りで中東ドバイのイメージにぴったり!

ついつい、ハンドローションをトイレに入るたびにつけてしまいましたね…。

エミレーツ航空エコノミークラス機内食

エミレーツ航空エコノミークラス機内食

1回目の機内食は離陸から約1時間で出されました!早い。

機内食(ディナー)メニュー

ニース風サラダ|牛肉の焼きそば|チョコレートムース|パン

牛肉と野菜が入ったアジア風のバーベキューソースの焼きそば。

麺が短く、何口か食べたら飽きてくる味だったなぁ…

チョコレートムースはちょうど良い甘さで満足!全て残さず完食、結構お腹いっぱいになりました。

食後には、コーヒーか日本茶を提供してくれました。

メインコースは、チキンとビーフから選ぶことができ、私はビーフをチョイスしましたが、もう一つは「チキンタジン」というチキンとアプリコットの蒸し煮だったようです。

2回目の機内食(朝食)は、着陸の2時間ほど前。

機内食(朝食)メニュー

季節のフレッシュフルーツ|フルーツヨーグルト|チキンハンバーグ|クロワッサン

玉子焼きと鶏肉のパテ、ローストポテト、トウモロコシを添えたサツマイモのソテーがメインでこの玉子焼きが最後の日本食かと思うと味わいながら食しました…

メインコースのもう一つは、中華鶏粥。新玉ねぎ、のり、いりごまが入っていて朝に食べやすそうなメニューでした。

機内で爆睡していたのですが、寝起きには結構な量だな、と思いましたが完食。

個人的には、ディナーよりも2回目の機内食の方が美味しかったなぁ!

機内食以外にも、CAさんに要望するとインスタントカップ麺を提供してくれます。

機内中央と後方にドリンクとスナックの簡易バーも設置されていて、自由に飲むことができました!

ドリンクメニュー

ソフトドリンク(オレンジ・アップル・コーラなど)|コーヒー|紅茶|赤ワイン|白ワイン|ビール|スピリッツ|リキュール

エミレーツ航空のマイル

エミレーツ航空のマイルを貯める場合、エミレーツスカイワーズにてアカウントを作成するとスカイワーズマイルを貯めることができます。

エミレーツ便には、Special、Saver、Flex、には、またはFlex Plusの各運賃タイプがあり、運賃タイプごとにマイルの積載数が異なります。

さらにファーストクラス・ビジネスクラスの利用で、運賃タイプに合わせて最大175%のボーナスマイルが獲得可能!

また、エミレーツ航空のフリークエント・フライヤー・プログラムの会員ランクは4つに分かれ、ブルー、シルバー、ゴールド、プラチナにランクアップされます。

このランクごとでさらにマイル数が変化します。

ティアマイル

シルバー会員|25%のボーナススカイワーズマイル
ゴールド会員|50%のボーナススカイワーズマイル
プラチナ会員|ボーナススカイワーズマイル

貯まるマイル数は渡航先・運賃・会員ランクによるので、エミレーツ・マイルカリキュレーターにてチェックできます◎

また、スカイワーズアカウントを作ると、マイページよりマイルの確認が行えて便利!

エミレーツ航空エコノミークラスまとめ

今回は、成田からドバイまでのエコノミークラスについてレポートしました。

ドバイからバルセロナ行き、またリスボンからドバイ行き、ドバイから羽田行きと今回の旅行だけで4路線エミレーツ航空を利用したのですが、どの便もエコノミークラスにも関わらず快適。

満席ではなかったのも大きいかな!?

アメニティポーチが、成田~ドバイ間の便にしか配られなかったのが残念だったのですが、機内も綺麗で食事も美味しく長時間のフライトも楽しむことができました。

次はエミレーツ航空のビジネスクラスに乗ってみたいな!!

ドバイへの旅なら|H.I.S(エイチ・アイ・エス)
>>格安航空券比較はskytickat