スペイン

グエル公園観光見どころレポート!チケット入手、アクセス・入場方法まで

スペイン・バルセロナ旅行へ行ったら、ぜひ訪れて欲しいのは巨匠アントニ・ガウディが設計した【グエル公園】。

1984年にユネスコの世界遺産に登録されています。

バルセロナ市街地から少し離れた距離にありますが、バルセロナの街が一望でき、トカゲの噴水や回廊など見所も多数。

今回は、グエル公園のチケット入手方法からアクセス・入場方法まで紹介します。

グエル公園概要

人々が自然と芸術に囲まれて暮らせる、新しい住宅地を作ろうと計画したグエルとガウディ。

しかし、結局買い手がつかないままグエル伯爵没、工事が中断され市の公園として寄付されました。

その夢が詰まったグエル公園、ぜひ訪れてみてください!

グエル公園(park guell)

Carrer d’Olot 5 08024 Barcelona, Spain MAP
アクセス 地下鉄3号線Lesseps駅 Placa Lesseps出口 徒歩20分
営業時間 [秋冬(10/25-3/23)]8:30-18:00
[春夏(3/24-10/19)]8:00-21:30
定休日|なし
料金|一般(事前予約・当日) 10ユーロ、7-12才・65才以上・障害者の同伴者(事前予約) 5ユーロ、7-12才・65才以上・障害者の同伴者(当日) 6ユーロ [約694円]、0-6才・障害者 無料
HP|http://www.parkguell.es/en/portada

グエル公園のチケットは事前入手した方がいい?

当日券入手方法

今回筆者は、グエル公園のチケットは事前入手しておらず、当日券で入場しました。

というのも同じ日にサグラダファミリアへ先に観光に行く予定で、そちらの時間指定チケットを購入していたからです。

サグラダファミリアは、バルセロナ旅行の外せない観光地の一つでありなるべく多く時間を使いたいなと思ったため。

グエル公園も時間指定の事前チケットを購入してしまうと、時間に縛られてしまうなぁと思った経緯。

さらに、一般チケットの場合、事前予約も当日券も料金が変わりません。

当日でも変えるだろう!ということでチケットなしでグエル公園へ向かいました!

グエル公園の入り口はこちらの門をくぐったところ。

すぐ右手に当日券の券売機があり、係員もいるので手伝ってもらいながら購入しました。

ただし、今回私はオフシーズンの平日の昼間ということもあり10人程度の列に並んだだけでしたが、ハイシーズンには長蛇の列になるそうなので注意!

現金・クレジットカードが使えます。

チケットとともに日本語のマップ付きのガイドも貰いました!

事前にチケットを入手する方法

いやいや、当日買えるかわからないから事前に日本でチケットの予約をしておきたい!

ハイシーズンにチケット購入のために長蛇の列に並ぶなんてゴメンだ!

という人も多いかと思います。

もちろん、事前にグエル公園のチケットを入手する方法もあります!

日本語でチケットの入手をするなら>>voyaginのサイトからグエル公園のチケットが購入できます。

インスタ映えするスポットとも言われており、ガウディの独特で奇抜な感性の建築物はぜひ時間を割いて観光して欲しいところ。

実際に行ってみた筆者だから言えるのですが、たまたまローシーズンですんなりチケット買えたからよかったものの、行列に並ぶ羽目になってたらと思うとゾッとしますね・・・

グエル公園アクセス方法

グエル公園の最寄駅は地下鉄3号線Lesseps駅 Placa Lesseps出口です。

が、徒歩20分あり、延々坂道です。

しかも狭い道を歩くので結構しんどい・・・

という噂を聞いていたので、筆者はタクシーを使いました。

バルセロナのタクシーは、日本と同様に流しを捕まえることができ、行き先を告げるだけ。

現金・クレジットカードが使えます。

実は帰りはグエル公園からLesseps駅まで歩いてみました。

帰りは下り坂なのですがそれでもかなり時間がかかり、よく言えばいい運動になったかなと。

Lesseps駅からワンメーターで行けるので課金するのもアリです。

グエル公園・観光の見どころ

と、タクシーを使いグエル公園へ到着した筆者。

入場口で降ろしてくれました。タクシー乗車中も急な坂道を登って行ったのでタクシー使って正解だなと思いました。


先ほども紹介した入場口へ。

進んで行くと、新興住宅の管理人室となっていた塔の建物と、メインエントランス左の門番の家があります。

管理人室はギフトショップになっていました。

そのままモニュメント階段を登っていきます。

中間地点には、かの有名なトカゲの噴水も!

ここでは記念撮影をする人の行列ができていました。

右側へと進むと、多柱室へと進みます。

筋をつけた26本の柱。

天井に覆われた空間として考えられており、新興住宅地の市場になる予定だったようです。

ガウディの協力者、ジョゼップ・マリア・ジュジョールによって設計されています。

そのまま右手の階段を登って行くと、【ラ・ナトゥーラ広場】へ。

ギリシャ劇場とも呼ばれるアクセスラ・ナトゥーラ広場。

20世紀初頭にはスポーツ行事、気球の着陸地点、社会的な様々な行事に使われてきました。

広場を囲んだ波打ったベンチに注目!


そのまま左へ進むと【ブガデラ(洗濯女)の回廊】へ。
農家の邸宅へと導いてくれます。

建築と自然建築と自然との対話により作られるダイナミックな方法は、これ以上ないくらい様々な構造や素材で表現されています。

ブガデラの回廊を進んで行くと2段階の高さのスパイラルの柱へ続きます。

グエル公園まとめ

見所が満載のグエル公園。

都市部から離れるため、バルセロナ旅行の際に観光しようか悩むかもしれません。

けれど、ラ・ナトゥーラ広場からのバルセロナ市街の景色は抜群!

遠くにサグラダファミリアも望め、坂を登ってやってくる価値は十分にあります。

ぜひ、事前にチケットを入手してグエル公園に訪れてみてくださいね。