ヴェルサイユ宮殿内は短時間でも回れる!注目の見どころ【フランス・パリ旅行】

ヴェルサイユ宮殿内は短時間でも回れる!注目の見どころ【フランス・パリ旅行】のアイキャッチ画像

フランス・パリに旅行する際是非とも観光して欲しいのがヴェルサイユ宮殿。

詳しい歴史を知らなくても、入館後に日本語オーディオガイドが受け取れ、個人旅行でも解説が聞けるのでご安心を。

今回は、豪華なヴェルサイユ宮殿の見どころを紹介します!

ヴェルサイユ宮殿のアクセス・入場料金

アクセス方法

パリ市街地からヴェルサイユ宮殿にアクセスするには、RER C線ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ(Versailles Rive Gauche)駅がわかりやすくておすすめです。

終点の駅であり、駅からは徒歩10分ほどでヴェルサイユ宮殿に到着。

https://mememagazine.net/versailles-acsess/

パリ市街地からおよそ40〜50分の所要時間で名所ヴェルサイユ宮殿へ訪問が可能。

ヴェルサイユ宮殿の開館時間

宮殿の開館時間は建物によって違いがあります。

  • ヴェルサイユ宮殿|9:00〜18:30(11〜3月 17:30閉館)
  • グラン・トリアノン|12:00〜18:30(11〜3月 17:30閉館)
  • プチ・トリアノン|12:00〜18:30(11〜3月 17:30閉館)
  • 庭園|8:00〜20:30(11〜3月 18時閉館)

※最終入場|宮殿閉館30分前・庭園1時間前まで

毎週月曜日がヴェルサイユ宮殿の休館日。

チケット料金

ヴェルサイユ宮殿には3種類の入館チケットがあります。

  1. パスポート|全ての施設に入館可能。1日券:20ユーロ、2日券:25ユーロ
  2. ヴェルサイユ宮殿|18ユーロ
  3. グラントリアン・プチトリアン|12ユーロ

また、18歳未満は入場料無料

こちら、オーディオガイド(日本語対応)も付いているので宮殿で受け取り見学を◎

日本からも公式ホームページにてヴェルサイユ宮殿のチケットが購入できるのでチェックしてくださいね。

https://mememagazine.net/versailles-ticket/

宮殿内の見どころ①ヘラクレスの間から戦争の間

ヴェルサイユ宮殿見どころ

ヴェルサイユ宮殿は2階のヘラクレスの間から矢印の方向へ、反時計回りに見学を行います。

入場料込みでオーディオガイド(日本語対応)が貸し出され、それぞれの部屋に入室するごとにガイドを聞きながら観光。

オーディオガイドを聞きながら2階見学を行うと所要時間1時間ほどで回ることが可能。

有名な鏡の回廊までは一直線に進んでいきます。

  1. ヘラクレスの間
  2. 豊穣の女神の間
  3. ヴィーナスの間
  4. ダイアナの間
  5. マルスの間
  6. マーキュリーの間・寝室
  7. アポロンの間・王座の間
  8. 戦争の間

ヴェルサイユ宮殿ヘラクレスまずは、ヘラクレスの間から。

フランソワ・ル・モワーヌの天井画。天井一面の絵画は圧巻…

 

ヴェルサイユ宮殿ヘラクレスパオロ・ヴェロネーゼの「シモンの家の宴」もこちらに。

もともと王室礼拝堂があったヘラクレスの間。

ヴェルサイユ宮殿で観光できる国王の居間の中での一番広い空間です!

 

ヴェルサイユ宮殿見どころ

 

ヴェルサイユ宮殿見どころそのまま、豊穣の女神の間へ進んでいきます。

こちらは、ルイ14世の「好奇心または珍重の小部屋」と呼ばれており、宝石やメダルを訪問客に披露していたそう。

 

ヴェルサイユ宮殿見どころヴィーナスの間。天井にはルネ=アントワーヌ・ウアスによる愛の女神「ヴィーナス」が描かれています。

 

ヴェルサイユ宮殿お次は狩猟の女神ダイアナの間。

ルイ14世の時代にはビリヤードが行われており、王のプレイに拍手を送る「拍手の間」とも呼ばれているそう。

 

ヴェルサイユ宮殿見どころマルスの間。赤の壁が特徴的で、音楽・舞踏にも使用されていました。

 

ヴェルサイユ宮殿見どころ絵画が多く飾られており、豪華〜

 

ヴェルサイユ宮殿見どころアポロンの間。

こちらも赤が特徴的でした。

ヴェルサイユ宮殿見どころシャンデリア、天井画はもっとも豪華。

 

ヴェルサイユ宮殿見どころそして、戦争の間へと進みます。大居間と鏡の回廊のはざまに位置。

 

ヴェルサイユ宮殿見どころ

戦争の間にある、コワズグォコスの化粧漆喰浅浮彫のレリーフ。

オランダ戦争時、ライン河を超えるルイ14世の姿です。

宮殿内見どころ②鏡の回廊

ヴェルサイユ宮殿で最大の見どころと言えるのが「鏡の回廊」

ヴェルサイユ宮殿見どころ戦争の間からそのまま鏡の回廊へ続きます。

ヴェルサイユ宮殿見どころ

当時の鏡は高級品。そんな鏡が回廊の壁面に豪華に使用。

庭園を見晴らすヴェルサイユ宮殿の西側正面を占めています。

キラキラ!

左は一面鏡、右は窓から外の光が差し込み開放感がある空間でした。

ヴェルサイユ宮殿見どころ

鏡の回廊にも天井は豪華な絵画。

1661年新政の宣言から1678年ニメーグ条約に至るまでのルイ14世の歴史が描かれています。

王族の結婚式や各国の大使の接待もこちら鏡の回廊で行われていました。

鏡の回廊は、牛眼の間・閣議の間にも繋がっています。

宮殿内見どころ③王の寝室

鏡の回廊から、牛眼の間・閣議の間を通ると「王の寝室」へ繋がります。

真紅地に金銀の刺繍。

ヴェルサイユ宮殿見どころ

ルイ14世は、朝日が正面に見える広間に寝室を移しました。

ヴェルサイユ宮殿見どころ

この置き時計、気圧計も付いている!

ヴェルサイユ宮殿見どころ鏡も多く使われており、豪華。

宮殿内見どころ④大居間の見学からギャラリーへ

ヴェルサイユ宮殿見どころ

祭典の間に飾られた「ナポレオン一世の戴冠式」

こちらは、ルーブル美術館にあるのもの複製。

「カナの婚礼」というタイトルでも親しみがある作品ですね!

実際の戴冠式、ナポレオン一世は自分で戴冠してしまったとか…

 

ヴェルサイユ宮殿見どころ

見学を進んで行くと、ギャラリーに。

ヴェルサイユ宮殿見どころ

ギャラリーでも、オーディオガイド対応しているのでゆっくり絵画の解説を聞くことができます。

ヴェルサイユ宮殿見どころまとめ

ヴェルサイユ宮殿見どころ

ヴェルサイユ宮殿は、各居室の天井画・装飾が最大の見どころ。

もちろん、ギャラリーやギフトショップもあり居間の見学部分以外にも見逃せないポイントが多々あります!!

時間がない場合は短時間でも十分見学ができます。

また、ヴェルサイユ宮殿周辺もカフェやレストランが充実していて一日中楽しめますよ。

豪華なヴェルサイユ宮殿、パリ旅行の際にはぜひ訪れてみてくださいね◎